メインイメージ

相続税の対策

相続税の対策のための会社設立

相続税をなんとかしたいという理由から会社設立をする人がいます。個人で資産を持っていれば相続の時に大きな税金を支払わなければなりませんから、資産を会社のものとすれば良いと考える人もいるのではないでしょうか。会社の資産なら、それは個人のものではありませんから、相続税の対象外になりますが、実際には会社の株式を保有しているということを考えれば、株式を相続する際に税金を支払わなければなりません。安易に相続税の対策のために会社設立をするのは良いことではありませんが、方法を間違えなければ税金を安くすることは出来ますから、まずは基本的な方法を把握しておくと良いです。また、税理士などに相談をするのも良い方法です。

その方法とは、給与として支払うことです。多くの資産を持っている人が会社設立をして、その子供に役員報酬や従業員の給料として支払う方法です。もしもすべての資産を出資して株式会社を作っただけであれば、その株式を相続することになります。例えば10億円の資産を出資して株式会社を作ると、その株式は10億円の価値が存在することになりますから、相続の際にその株式を子供に譲渡すると、多少の誤差はあったとしても10億円のキャッシュを譲渡しているのと同じだと扱われることになります。合同会社では株式を発行することはありませんが、持ち分として同じように計算されます。ですから、この方法は全く意味は無いのです。しかし、役員に就任したり、あるいは従業員として働いていたりすると、給与としてキャッシュを移転することが出来ます。子どもとしては、会社設立をしたのが親であったとしても、その会社で働いてい給与をもらったわけですから、所得税さえ支払っておけばよく、それに対して相続税が課されることはありません。これが相続税の対策として会社設立をする際の、基本的なスキームと考えておきましょう。ただ、この方法では時間がかかりますから、10年単位で考えていくことが必要となります。ですから、できるだけ早く行動を開始することが必要となります。

会社設立をするにあたって、相続税の対策として考えるのなら、基本的にはこのようなスキームで準備をすると良いです。所得税を支払わなければならないのが腑に落ちないという人がいるかもしれませんが、所得税には控除があることや、税率が低いということを考えれば、そのまま譲渡をするよりも遥かに税金は安くなるでしょう。”

Copyright© 2016 会社設立後の雇用保険加入手続きの流れを知ろう All Rights Reserved.